援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やす(具体編~初級者向け②)




保育塾がお届けする保育者向けのオンライン研修「援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもに合った援助を見つけよう」

この記事では、具体編~初級者向け②の概要を紹介していきます。

保育指導案を書いたことが無い人、保育指導案を書くのが苦手でしょうがない人、何年か経験はあるけど迷ってしまっている人、それらの人に教える側の園長先生や養成校の先生向けです。

新しいことは増やさなくていい

まずお伝えしたいのが、「新しいことは増やさなくていい」ということです。基本編の中でもお伝えしたことですが、この研修は「引き出しをとにかく増やす」といっても「新しいことをたくさん学ぶ」のではなく、「すでにやってきたはずのことをある視点から見直す」ということをやっていきます。

ですので、働く時間を増やすということにはならないです。むしろスッキリして時短になるということを目指しています。

基本編の中で主にやったことは、いつも書いているはずの「保育者の援助」を、「どう考えて書くのか、何を意識するのか」ということと、いつもやっているはずの「見守る」について、「何を視点に見守るのか、どこまで見守るのか」ということです。

「すでにやってきたはずのことをある視点から見直す研修」ということが分かりやすいツイートをしてくださった方がいらっしゃるのでツイートを載せますね(掲載の許可は頂いてます)。

感想ツイート1

このツイートは「援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもに合った援助を見つけよう(基本編)」についてものです。基本編の内容についてはこちら。
https://note.com/forhoikusha/n/n59332a476cae


こんな感じで、今までやってきたことを、ちょっと見直すだけなんですよ。それが簡単だとは言いませんが。

「この前の研修のフローチャートの通りに子どもを見取り、声かけをするようにしたら、以前より子どもたちとのコミュニケーションがよくなって今までずっと辛かった保育が楽しくなりました。」
「自分の引き出しを整理できて、ちょっとだけ明日からの保育に自信がもてました!次回も楽しみにしています。」

こんな声も頂いてます(掲載の許可は頂いてます)。よくある研修って、「ためになった」とか「良い話が聞けた」で終わってしまうことが多いんですよね。保育塾の研修は、保育現場で起こる事例にガッチリ結びついているので、すぐに取り入れることができます。なぜそんな研修になるかというと、現場で働いている人の声を基に作った研修だからです。

「保育の質」や「10の姿」なんて、余裕ができてから考えれば十分なんですよ。「辛かった保育が楽しくなる」とか「ちょっとだけ自信がもてる」とか、そう感じて頂けることが最高ですよね。

研修の概要

今回は、「援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもに合った援助を見つけよう」と銘打って、次の5つの研修を企画しています。

  • (基本編)
  • (具体編~初級者向け➀)
  • (具体編~初級者向け②)
  • (具体編~中上級者向け➀)
  • (具体編~中上級者向け②)

これからお伝えするのは(具体編~初級者向け②)の概要です。

研修名
援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもと自分に合った援助を見つけよう(具体編~初級者向け②)

研修内容
・ズバリ!「ほとんどの場面で使える黄金パターンの3ステップ」
・これから先ずっと役に立つ「子どもを肯定的に見る」「子どもの学びを想像する」ゲーム大会
・明日の保育がレベルアップするプチプチ模擬保育(希望者のみ)

開催日時
12月5日(日)夜10:00~11:00
12月7日(火)夜10:00~11:00

どちらか都合の良い日にご参加ください。

研修内容をもうちょっと詳しく

ズバリ!「ほとんどの場面で使える黄金パターンの3ステップ」
「援助の引き出しを増やす」とか言ってますが、実は、ほとんどの場面で使うことができる援助は存在します。これは、「こう言えば片付けますよ」というような魔法の言葉といったものとは真逆です。決まった言葉はありませんが、幅広い場面で応用できます。「まずこのような子どもを見つける」「このような声をかける」「次にこのような声をかける」という3ステップになっています。ぜひ得意技になるものを持ち帰ってください。

これから先ずっと役に立つ「子どもを肯定的に見る」「子どもの学びを想像する」ゲーム大会
実際に保育をするときでも、指導案を書くときにも、要録(年度末に書くものです。幼稚園だと年長以外も同じくらい書きます)を書くときにも、「子どもを肯定的に見る」「子どもの学びを想像する」ということはとても役に立ちます。というよりも必須です。ゲーム感覚でそれができるとハードルが下がると思いませんか?

明日の保育がレベルアップするプチプチ模擬保育(希望者のみ)
研修の中で登場した「気に入った言葉」「自分の保育に合いそうな言葉」を、実際に声に出して言ってみます。だからプチプチ模擬保育です。必ず自信につながるように、あなたの良いところをお伝えします。ただし、このプチプチ模擬保育は希望者だけです。無理してやる必要はありません。みんなの前でやらなくても良いので、できれば、マイクをミュートにした状態で、声に出して言ってみてください。身に付く率がぐっと上がります。

取り上げる事例
この研修では、給食でよく見られる姿をいくつか取り上げ、それぞれの子どもにどのように声をかけていくかということを具体的に考えていきます。また、自由に遊ぶ子どもの画像を見て、どの子どもがどのようなことを感じているのか、学んでいるのかを見取る経験をして頂きます。

この研修のポイント

改めてこの研修のポイントをまとめると

  • ほとんどの場面で使える黄金パターンの援助が分かる
  • 無意識でやっていた(かもしれない)黄金パターンの援助を意識できるようになる
  • 給食のときの様々な姿にどう声をかけるか考えることができる
  • 「子どもを肯定的に見る」「子どもの学びを想像する」という経験ができ他の人の考えも知ることができる
  • 自分が取り入れることができそうな言葉を模擬保育のように言ってみることができる(希望者のみ)
  • 自分のタイミングで質問できる
  • 後日の質問もできる

これらが1時間の研修に凝縮されています。

ZOOMをつかったオンライン研修になっており、申し込みはnoteで受け付けます。

無料で参加できる方法が書いてあります。有料記事となっていますが、安心して読み進めてください。読んでみて、とりあえず無料で参加してみたい人は無料で、有料で参加してもいいなと思った人は有料で参加してください。
援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもと自分に合った援助を見つけよう(具体編~初級者向け②)




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。