市販の本にはハッキリ書いてない「要録の書き方」と「要録で感じるモヤモヤの答え」を全て教えます




保育塾はnoteで要録の記事を公開します。今回の目玉は、例文や単語を入れ替えて文を作ることができるテンプレート6種と、全体の構成を考えるヒントとなるメモの様式が1つ付いているところです。「こんなことを書きましょう」だけではなく「こうやったら書ける」が分かる内容となっています。各章の内容に合わせたオンライン研修もありますよ。

「noteの記事でこれだけのことが分かる」ということを目次のようにまとめたので載せますね。これを見て興味をもたれた方は、ぜひnoteの記事をご覧下さい。noteのは9日(日)に公開し、その時点でこの記事にリンクを貼ります。

お見逃しなく。

こちらがnoteの記事でお伝えすることです。

まずはオマケ「オンライン研修のリンク」

第1章 たった1語だけの記憶から文章にする方法
・たった一言から要録の文章を書く手順
・配慮してほしいことを書く方法
・10の姿を書く方法

第2章 例文や言葉を当てはめて文が作れるテンプレートの使い方
・「最初はこんな姿だった」を書くためのテンプレート
・「こんな援助をした」を書くためのテンプレート
・「今はこんな姿になっている」を書くためのテンプレート
・「配慮をしてほしい」を書くためのテンプレート
・10の姿を書くためのテンプレート

第3章 なるべく肯定的な言葉で要録を書く方法
・肯定的な言葉で要録を書くための4つの手順
・攻撃的な行動の書き方
・「できない」「やらない」「聞いてない」姿の書き方
・「いじめ」につながるのではという姿の書き方
・肯定的な書き方のテンプレートは?

◯第4章 文章全体の構成や文のつながりが分かるようになる方法
・それぞれの段落の内容をどうするか
・各段落をどのような書き方にするか
・文章の削り方、付け加え方、つなげ方、まとめ方のテクニック

満3歳児の例文
・「学年の重点」の例文
・「個人の重点」の例文
・「指導上参考となる事項」「最終年度に至るまでの育ちに関する事項」の例文

3歳児の例文
・「学年の重点」の例文
・「個人の重点」の例文
・「指導上参考となる事項」「最終年度に至るまでの育ちに関する事項」の例文

4歳児の例文
・「学年の重点」の例文
・「個人の重点」の例文
・「指導上参考となる事項」「最終年度に至るまでの育ちに関する事項」の例文

5歳児の例文
・「学年の重点」「最終年度の重点」の例文
・「個人の重点」の例文
・「指導上参考となる事項」「保育の展開と子どもの育ち」の例文

これらのことが全部分かるnoteの記事のリンクはコチラ
https://note.com/forhoikusha/n/n5b061ae47624

9日(日)から3日間は、早割特価で500円です。
定価は2,000円なので、お早めにお求めください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。