援助の引き出しをとにかく増やして子どもと自分に合った援助を見つける研修(具体編~中上級者向け➀)




保育塾がお届けする保育者向けのオンライン研修「援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもに合った援助を見つけよう」

この記事では、具体編~中上級者向け➀の概要を紹介していきます

保育指導案は書くけれどしっくりこない人、より良い保育を目指している人、無理せず保育の質を上げたい人、指導する側の園長先生や養成校の先生向けです。

新しいことは増やさなくていい

基本編の中でお伝えしていることなのですが、この研修は「とにかく増やす」といっても「新しいことをたくさん学ぶ」のではなく、「すでにやってきたはずのことをある視点から見直す」ということをやっていきます。ですので、働く時間を増やすということにはならないです。むしろスッキリして時短になるということを目指しています。

基本編の中で主にやったことは、いつも書いているはずの「保育者の援助」を、「どう考えて書くのか、何を意識するのか」ということと、いつもやっているはずの「見守る」について、「何を視点に見守るのか、どこまで見守るのか」ということです。

「すでにやってきたはずのことをある視点から見直す研修」ということが分かりやすいツイートをしてくださった方がいらっしゃるのでツイートを載せますね(掲載の許可は頂いてます)。

感想ツイート1

「援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもに合った援助を見つけよう(基本編)はこちら。
https://note.com/forhoikusha/n/n59332a476cae

さて、今回は「中上級者向け➀」なので、ここを見ているあなたは「保育指導案は書かなければならないから書く」という状態ではないですよね。

子どもの姿と自分がした保育を振り返り、まとめ、それを基に予想をたて、より適切な環境を構成し、援助をする。その足がかりとして、保育指導案で言語化し、明確化し、これからやろうとしている保育を他の人に分かりやすいように伝える。…ということをやりたいなあ…いつかできるようになったらいいなあ…という状態ですよね。

(「書かされてるからイヤイヤ書いているなあ…」「書いたことがない」という人にとっては、この研修はちょっと難しいかもしれません。初級者向け➀を用意していますので、そちらをご覧ください。)
援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもと自分に合った援助を見つけよう(具体編~初級者向け➀)

援助の引き出しを増やしましょう。そして、保育指導案に書く語彙を増やしましょう。そうすれば、保育指導案を書きながら、密度の濃いシミュレーションをすることができ、少しだけ予想通りの展開になります。少しだけ子どもの姿がよく分かるようになります。少しだけ振り返りをしやすくなります。少しだけ保育指導案を書きやすくなります。

この「少しだけ」を積み重ねることで、正のスパイラルが始まります。

研修の概要

今回は、「援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもに合った援助を見つけよう」と銘打って、次の5つの研修を企画しています。

  • (基本編)
  • (具体編~初級者向け➀)
  • (具体編~初級者向け②)
  • (具体編~中上級者向け➀)
  • (具体編~中上級者向け②)

これからお伝えするのは(具体編~中上級者向け➀)の概要です。

研修名

援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やして子どもと自分に合った援助を見つけよう(具体編~中上級者向け➀)

研修内容

  • 立場・役割を変えて援助の引き出しを何倍にもする
  • 「具体的な援助をするときの4つのステップ」の2番目に視点を当てて具体的な援助をたくさん出す

開催日時

11月28日(日)夜10:00~11:00
11月30日(火)夜10:00~11:00

どちらか都合の良い日にご参加ください。

研修内容をもうちょっと詳しく

立場・役割を変えて援助の引き出しを何倍にもする
実は、立場・役割を変える援助については、「幼稚園教育要領解説」や、「保育所保育指針解説」にちょっとだけ書いてあります。でも、ほんのちょっとだけなんです。気付いてる人がどれくらいいるでしょうか。ほんのちょっとだけしか書いてないのに、遊びが停滞しているとき、新しいことを始めて上手くいかないとき、片付けができないとき、とにかく気分が乗らないとき、その他いろんなときに使えます。しかも、みんな無意識に少しやっている援助なんです。この研修を受けて、意識してできるようになりましょう。

「具体的な援助をするときの4つのステップ」の2番目に視点を当てて具体的な援助をたくさん出す
これをすると、保育指導案に書く援助と実際に保育中にする援助がつながっていきます。そして、援助をこれまでの何倍も思い付くようになります。やることを簡単にまとめると、「漠然と指導案に書いていた援助を、もっと明確に、具体的に思い浮かべて書く」ということです。研修内では、援助を明確に、具体的に書くための視点をお伝えします。

取り上げる事例
この研修では、砂場で遊んでいる子どもの画像を見て、どの子どもにどのように声をかけるか、見守り続けるのか、具体的に考えていきます。明日からの普段の遊びをどのように見ていくか。新しい視点を持ち帰ってください。

この研修のポイント

改めてこの研修のポイントをまとめると

  • いろんな場面で使える「立場・役割を変えて援助の引き出しを増やす」が分かる
  • 無意識でやっていた「立場・役割を変える」を意識できるようになる
  • 保育指導案に書く援助と実際に保育中にする援助がつながる
  • 援助を明確に、具体的に書くための視点が分かる
  • 援助を何倍も思い付くようになる
  • 自分のタイミングで質問できる
  • 後日の質問もできる

これらが1時間の研修に凝縮されています。

参加方法

こちらのnoteに、この記事と同じような概要と申し込みの方法が書いてあります。みなさん、お待ちしてます。有料記事にしてあるので驚かれるかもしれませんが、無料で参加する方法も書いてあります。研修にはたくさん参加して頂きたいので、無料で参加してみて、次も参加できるときには余裕があったら有料で申し込んでください。

援助の引き出しと保育指導案に書く語彙をとにかく増やす(具体編~中上級者向け➀)




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。