とんでもなくシンプルで簡単!カタカナのドレミで移調をする方法




長調も短調も、どれだけ音の高さを変えるかも関係ありません。

ハ長調すら知らなくてもできてしまう移調の方法があるんです。

この記事では、とんでもなくシンプルで、おそらく世界一簡単な移調の方法をお伝えします。

「♭、♯、半音、1音、ト音記号、ヘ音記号、音階」この言葉を知っている人は移調できるように説明しています。

移調してみたい曲の楽譜をもってきて、この記事を読みながらサクッと移調してみてくださいね。

カタカナのドレミで考えるとこんなに簡単に移調できる

1.「ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド」と書く

「この曲はト長調だから・・・」とか、「えーっと、ハ短調は・・・」などと考える必要は、まったくありません。

どんな場合でも「ドレミファソラシド」と書きます。

本当は、「レミファソラシドレ」でも「ラシドレミファソラ」でも、何でも良いです。一番なじみがあるので、「ドレミファソラシド」が良いかもしれません。

2.移調したい曲の、ト音記号やヘ音記号の横についている♯や♭を、さっき書いた「ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド」に付け加えて書く

あなたが今「移調したい」と思っている楽譜を見てください。

ト音記号やヘ音記号の横に、♯や♭がどのように書いてありますか?

たとえば、ト音記号の横に、♯が3つ書いてあったとすると、ファとドとソの音が♯になっているはずです。

この場合
「ド♯ レ ミ ファ♯ ソ♯ ラ シ ド♯」
と、このように書いてください。

3.♯や♭を付け加えて書いた、それぞれの音を、変えたい音の高さ分だけ変えて、カタカナで書く

ト音記号の横に、♯が3つ書いてあったということで話を進めています。

♯がファとドとソについているので、

「ド♯ レ ミ ファ♯ ソ♯ ラ シ ド♯」

と書きました。

もし、1音だけ低くすると、ド♯はシになりますね。

鍵盤2つ分だけ左にある音が、1音低い音です。

レを1音低くするとドに、ミを1音低くするとレになります。

「ド♯ レ ミ ファ♯ ソ♯ ラ シ ド♯」の、それぞれの音を1音低くすると「シ ド レ ミ ファ♯ ソ ラ シ」となります。

1音低くした結果、ファに♯がついていますね。この場合、移調した後のト音記号とヘ音記号の横には、ファの所に♯を書きます。

実は、これだけで、全ての調に対応できます。

どれだけ音の高さを上げ下げしても、大丈夫です。

あとは、楽譜の全ての音を、変えたい分だけ変えて書き直します。

もう少し例をあげると

1.「ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド」と書く

2.移調したい曲は、ト音記号の横に、シとミとラとレのところに♭があるとします。

そこで、

「ド レ♭ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド」と書きます。

3.「ド レ♭ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド」を、さっきと同じように、1音低くすると「シ♭ ド♭ レ♭ ミ♭ ファ ソ♭ ラ♭ シ♭」となります。移調した後のト音記号とヘ音記号の横には、シとドとレとミとソとラの所に♭がつきます。

でも、こんなにたくさん♭がつくのは嫌ですよね。

じゃあ1音低くするのはやめましょう。

1音ではなくて、半音下げてみます。

3.「ド レ♭ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド」を、半音低くしてみると「シ ド レ ミ ファ♯ ソ ラ シ」となります。移調した後のト音記号とヘ音記号の横には、ファの所に♯がつきます。

あとは、楽譜の全ての音を、半音低く書き直します。

音がどのように変わるか迷ったときは、

もとの音「ド レ♭ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド」と、半音低くした音「シ ド レ ミ ファ♯ ソ ラ シ」を並べて見ると分かりやすいです。

「ド レ♭ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド」を、試しに1音高くしてみると、「レ ミ♭ ファ ソ ラ シ♭ ド レ」となるので、移調した後のト音記号とへ音記号の横には、シとミの所に♭がつくことになります。

カタカナのドレミで移調するときの弱点

今回紹介した方法は、移調した結果、ト音記号やヘ音記号の横に、♯や♭が何個つくかを知ることができます。

でも、「♯の数が多いから、ちょっと減らすか」というようなことは、移調する前からは分かりません。

まあ、思った結果と違ったら、やり直せば良いんですけどね。

何回もやっていくうちに、だんだん慣れてきます。

「もっと自由自在に移調したいんだよ。」という人は
【移調なのに調を考えなくてもできる】簡単に移調をする方法を読んでください。

この記事と同じように、ハ長調やト短調などということを全く覚えずに、移調する方法を紹介しています。

2つの法則を覚えると、全ての調で好きなように音を変えることができる方法です。

でも、この記事と比べると難しいです。

ピアノ初心者の人でも分かりやすいように書いてあるのは、
【ピアノ初心者にも分かる】移調して曲を簡単にする方法です。

すごく丁寧に説明してあるので、この記事よりも移調について詳しく知ることができます。

「とにかく全然分からない」という人は
「ハ長調とかイ短調って何?」という人にも分かる移調の方法
を読んでみましょう。

それぞれの人によって、分かりやすいポイントは違います。

ですので、この記事を読んで分からなくても、
【ピアノ初心者にも分かる】移調して曲を簡単にする方法か、
【移調なのに調を考えなくてもできる】簡単に移調をする方法、
「ハ長調とかイ短調って何?」という人にも分かる移調の方法
を読めば分かるかもしれません。

自分に合ったやり方を探して、ぜひ試してくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「もっといろいろと知りたい」という方は、

ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。