【簡単・無料のピアノ楽譜】コード1つで弾ける「なべなべそこぬけ」




ピアノを弾くのが苦手なみなさん、練習に時間をかけないで、サッと弾いてしまいたいみなさん。1つのコードで弾ける「なべなべそこぬけ」の楽譜を用意したので、参考にしてください。

実際に遊び始めるときが分かりやすいように、前奏を付けてあります。また、ひっくり返る間も音が鳴っているようにしてあります。

コード1つで弾ける「なべなべそこぬけ」

短い曲でコードもAm(ラ、ド、ミ)だけです。少人数で遊ぶときには歌だけで十分です。

大勢で集まってグループをたくさんつくってするときなどに、曲のスタートが分かりやすいようにピアノで弾いてみてください。

簡単な伴奏をつけた「なべなべそこぬけ」

最初の2小節が前奏です。

大勢で集まって「なべなべそこぬけ」をするときは、どうしてもザワザワします。意識が一気に切り替わるように、前奏の2小節だけを速いテンポで弾くのもアリです。

最後の1小節は、ひっくり返る間に鳴らす音です。16分音符にしてありますが、6連符でも、拍にはまっていなくても、何でもありです。みんながひっくり返るまで、繰り返してください。

コードについて、「よく分からない」「もっと知りたい」という人は
ピアノが自由に弾けるようになる!おすすめコード伴奏
をご覧ください。

慣れると、どんな曲でも自分でコードを当てはめて、伴奏することができるようになりますよ。

他の曲もチェックしたい人はコチラ
【簡単・無料のピアノ楽譜】コード3つで弾ける童謡・保育の定番曲まとめ




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。