【もう令和ですよ】「豆まき」を考える新しい視点




問題です。
「鬼は外」と言わないところがあります。
さて、どこでしょう?

今度は質問です。
あなたは、なんのために豆まきをしますか?

今回は、豆まきの新しい視点を紹介します。
たとえば、園行事の見直しをしたい先生など、
「なんか違う形の豆まきをしたいな」という方にオススメです。

豆まきで見過ごしたくない大事な視点

豆まきのときに、見過ごしたくない大事な視点があります。
それは「人権の視点」です。

その豆まきは

子どもを泣かせていませんか?

もう一つ、こちらの方は見過ごされることが多い気がしますが、

その豆まきは

オニになる人の気持ちを考えていますか?

豆まきで子どもを泣かせていませんか?

「豆まきの日は、子どもが怖がって幼稚園に行きたがらない」
なんて話を聞くことがあります。
「鬼をやっているのは先生だ」ということが分かっていても怖いんですよね。

どこかから鬼がやってくる園だと、もっと怖いでしょう。なまはげのように、子ども達に「悪いことをしていないか」聞くところまであるようです。子ども達は正座をして、泣きながら鬼の質問に答えるんだそうです。

何を目的として、豆まきをしているんでしょうか?

オニになる人の気持ちを考えていますか?

幼稚園や保育所で、豆まきの鬼になる先生って、基本的に嫌がるんですよ。
子ども達から嫌われて、やっつけられますから。

嫌な役だから、年配の先生や、男の先生や、入ったばかりの若い先生が鬼をするんです。家庭だとお父さんです。

もう少し分かりやすく言うと

学校で豆まきをする場合、子どもにオニの役をやらせる先生はいないはずです。
1人の子どもがみんなから攻撃される構図を作りたくないからです。
豆まきの当日だけで終わらなかったら、それは「いじめ」と呼ばれるでしょう。

これは、大人がオニをすればすむ問題なのでしょうか?

豆まきは決まった伝統や風習ではない

「豆まきは伝統や風習だから、同じように続けなければならない」
と思っていませんか?
豆まきって、実はいろいろな形があるんです。
だから形を変えてやっても、何の問題もありません。

豆まきは2月3日じゃない

1番驚く人が多いのがコレです。
実は、1984年までは、4年に1度の閏年に、2月4日にしていたそうです。日付が違うどころか、毎年の行事でもなかったんですね。
出典:ウィキペディア

豆まきは豆をぶつけない

神社で豆まきする映像を見たことありませんか?
石原軍団や力士がしている、あの豆まきです。
豆まきって、別に豆をぶつける必要はありません。

豆まきは「鬼は外」ですらない

豆まきは、「鬼は外」って言います。
大半の人はそう思ってるでしょう。
でも、「鬼は外」と言わないところもあるんです。
さて、どこでしょう?

鬼を祭っているところや、名前に鬼が入っている地域、名字に鬼が入ってる人たちですね。

すぐ隣に「鬼塚さん」や「岩鬼さん」がいるのに「鬼は外」って言ってませんか?

邪気を追い払えばいい

じゃあどうするかというと、基本的に鬼がいなければ、多くの問題は解決します。「邪気を追い払う」という気持ちをもって、豆を投げればいいんです。人に向かって豆をぶつける必要はありません。

「鬼は外。福は内。」と言うかどうかは「鬼」がつく人が側にいるかどうか次第ですが・・・

とにかく子どもには
「いいことがありますように」って思って、豆を投げればいいんだよ
というように言えばいいのではないでしょうか。

幼稚園・保育所・こども園の先生達へ

「自分の中にいる(かもしれない)鬼を追い出す」ということをしている所もあると思います。

「私はおなかに鬼なんかいないよ」と困っている子どもがいます。

「こんな鬼には来てほしくない」という言い方に変えてみることをオススメします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「もっといろいろと知りたい」という方は、ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。

管理人うち@uchi70794834|Twitter)

保育塾代表
2人の娘の父親
公立幼稚園・幼保園・大学の附属幼稚園で勤務経験あり。
ラッパ吹き。小学生を中心に、20年以上いろんなバンドを指導しています。

保育士・幼稚園教諭のみなさんが、ほんの少しだけ余裕をもって仕事ができたら、プラスの循環が生まれます。

ほんの少しだけ余裕をもって仕事ができたら、ほんの少しだけ子どもが落ち着いて、そうするとまた、ほんの少しだけ余裕ができて、効率良く仕事ができる方法を調べたりして・・・

そんなプラスの循環の始めの一歩、小さな余裕を生み出すお手伝いをしています。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。