【簡単・無料のピアノ楽譜】コード2つで弾ける「メリーさんの羊」




ピアノを弾くのが苦手なみなさん、練習に時間をかけないで、サッと弾いてしまいたいみなさん。2つのコードで弾ける「メリーさんの羊」の楽譜を用意したので、参考にしてください。

この曲は、発表会などで、子ども達が演奏することもあるかと思いますので、ちょっと豪華な伴奏ができる楽譜も載せてみました。

どの楽譜も、最後の4小節を前奏として使えます。

コード2つで弾ける「メリーさんの羊」

2分音符で音を確認する「メリーさんの羊」

簡単な伴奏をつけた「メリーさんの羊」

簡単な伴奏だけでいい人は、8小節目までを繰り返してください。

9小節目から16小節目までは、演奏会などでちょっと豪華にしたいとき用の伴奏です。ここもコード2つだけなので、少し慣れると左手は全く見ずに弾けると思います。

10小節目の最後「レ」の音を人差し指で弾いてから、右手を鍵盤1つ分左に移動させて、11小節目の最初「ド」の音も人差し指で弾いてみてください。14小節目と15小節目も同じように弾きます。

そして、12小節目の「ファ」の音を小指で弾いてから、右手を鍵盤1つ分右に移動させて、12小節目の最後「ソ」の音を小指で弾きます。

そうすると、「指くぐり」「指またぎ」をせずに弾くことができます。テンポ160くらいで弾けると、ちょっと格好いいですよ。でも、子ども達のテンポ優先にしてくださいね。

コードについて、「よく分からない」「もっと知りたい」という人は
ピアノが自由に弾けるようになる!おすすめコード伴奏
目指せ!コードマスター(第1回「カエルの合唱」でCFGをマスターする)
をご覧ください。
今回の「メリーさんの羊」で使ってあるコードについて説明してあります。

他の曲もチェックしたい人はコチラ
【簡単・無料のピアノ楽譜】コード3つで弾ける童謡・保育の定番曲まとめ




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。