「全体的な計画」「保育課程」と「年間指導(保育)計画」の違い




「保育課程と年間指導計画が同じに見える」
「全体的な計画を作成しないといけないけど、年間指導計画との区別がつかなくなる」
「そもそも、全体的な計画って何?保育課程と違うの?」
などと思っているみなさん。

この記事では、「全体的な計画(保育課程)」と「年間指導(保育)計画」との違いを、シンプルに説明し、具体的に何を書けばいいかを分かるようにしてあります。

あなたの園の保育課程を見て、必要無い部分、付け加えないといけない部分を考えながら読んでくださいね。

「全体的な計画」「保育課程」と「年間指導(保育)計画」の違いをシンプルに表すと

「全体的な計画」「保育課程」と「年間指導(保育)計画」の関係を図で表すと

まずは、「全体的な計画」「保育課程」と、「年間指導(保育)計画」の関係を、図で見てみましょう。

全体的な計画」が1番大きいです。
「全体」ですから。

保育課程」は、全体的な計画の1部です。
実は、 保育所保育指針解説 序章 5改訂の要点(1)総則には、
「保育課程の編成」を「全体的な計画の作成」とするというように書いてあります。これまで「保育課程」と言っていたものが、「全体的な計画」という言い方に変わったということですね。
ですが、じつは少しだけ違います。
「全体的な計画」の全ては、とても1枚の紙面には表せません。

年間指導(保育)計画」は、「全体的な計画」や「保育課程」で表してあることの1部を取り出し、詳しく表したものです。

「全体的な計画」は、今までの「保育課程」と何が違うのか

保育所保育指針解説には、「全体的な計画」について
幼保連携型認定こども園教育・保育要領及び幼稚園教育要領との構成的な整合性を図った。」と書いてあります。
ですので、幼稚園教育要領解説も参考にしてみましょう。
「第1章 総説 第3節 教育課程の役割と編成等 6全体的な計画の作成」の部分です。こっちのほうが、保育所保育指針解説よりも詳しいです。

幼稚園教育要領解説を見てみると、
「全体的な計画」は1枚の紙面で表せるような量ではなく、様々な計画を関連させて作成するものというようなことが書いてあります。

このことについて、詳しくは、
「保育課程」と「(保育所の)全体的な計画」と「(幼稚園の)全体的な計画」との違い
をご覧ください。

「年間指導計画」と「年間保育計画」は同じものだと思ってください。
もともと、学校と同じように「年間指導計画」だったものを、「保育の世界で『指導』はおかしいでしょ。」と思った人が「指導」を「保育」と表現したのだと思います。

幼稚園、保育所に関わらず、「年間指導計画」と「年間保育計画」の両方の表現がありますが、「指導」と「保育」の表現の違いによって、年間の計画の中身が変わっているのを見たことはありません。

区別がつかない原因

あなたの園の「保育課程」「全体的な計画」と、「年間指導(保育)計画」の区別がつかない原因は、取り扱っている事柄が同じだからです。

もしくは、取り扱っている事柄が、ほとんど変わらないからです。まずは、そこを見直しましょう。

「全体的な計画」「保育課程」と「年間指導(保育)計画」は具体的に何が違うのか

「全体的な計画」「保育課程」と「年間指導(保育)計画」は具体的に何が違うのでしょう。

一言で言うと、「保育することをどこまで詳しく表すか」が違います。

「全体的な計画」「保育課程」は、様式などは、はっきり決まってないんです。

「保育目標」、または、「めざす子ども像」は、おそらく、どの園でも書いているでしょう。「めざす子どもの姿」などという言葉で書いているところもあります。
関連記事はコチラ
【本当に分かってる?】「保育理念」「保育方針」「保育目標」の意味・違い・関係

そして、子どもの発達を見通して、子どもの姿で表します。どれくらい詳しく表すかは、園によって全く違います。全年齢を1枚の紙面で表しているところもあれば、各学年を1枚の紙面で表し、期毎の姿を詳しく表しているところもあります。
さらに、それぞれの年齢、時期の発達に合った「ねらいと内容」を表します。
関連記事はコチラ
教育課程・全体的な計画の「期」とは【ちゃんとした意味を知っていますか?】

「食育」「道徳」などを、どれくらい記載するかは、園によっての違いが本当に大きいので、ここでは触れません。「全体的な計画」は、1枚の紙面では収らないくらい多くなるということでしたよね。

「年間指導(保育)計画」には、年齢や期毎に、子どもの姿を書きます。さらに、ねらい、内容、保育者の援助などを書きます。

普段の保育用の「年間指導(保育)計画」、食育の「年間指導(保育)計画」、栽培の「年間指導(保育)計画」、交流の「年間指導(保育)計画」など、
それぞれに「年間指導(保育)計画」を作成すれば、「全体的な計画」と区別がつきやすいです。

結論
「全体的な計画」に保育者の援助を書いて、「年間指導(保育)計画」を簡単に作ってしまうと区別がつかなくなる。

まとめ

全体的な計画
保育所の運営に関わることまで、全部含めたものです。1枚の紙面では表し切れないので、紙面に書くのは全体的な計画の1部です。保育目標を書き、子どもの発達を姿で表し、その姿を基に「ねらいと内容」を書きます。また、食育など、他に必要なものも関連付けて記入します。

年間指導(保育)計画
子どもの姿、ねらい、内容、保育者の援助など、保育そのものに関わることを詳しく書きます。必要に応じて、食育、栽培など、それぞれについての年間指導(保育)計画を表すと分かりやすいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
「もっといろいろと知りたい」という方は、
ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。

また、この記事のように、「難しいことがシンプルに分かる」研修・ワークショップを受けてみたい人は、お問い合わせから気軽にご相談ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。