「10の姿」(自然との関わり・生命尊重)につながる具体的な姿を考えるヒント




幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿を、教育課程・保育課程や指導計画に取り入れなければならないみなさん。

今回は「自然との関わり・生命尊重」につながる具体的な姿を考えてみましょう。

5歳はともかく、3歳や4歳を担任している人は、10の姿を取り入れて、子どもの具体的な姿を書き出すのは大変ですよね。

実は、無理に考える必要は無いんです。

 

この記事では、「10の姿」につながる、具体的な姿を考えるためのヒントを、「自然との関わり・生命尊重」に視点を当ててお伝えしています。

この記事を読んで、書いてあることを実践できれば、「10の姿」につながる姿を考える労力が、これまでの半分以下ですむでしょう。

それでは、具体的に説明していきますね。

 

教育課程・保育課程の見直し方を今までと同じにする

本当に何回も書いていますが、大事なことなのでこの記事でも書きます。

一番大事なのは、「10の姿」ではありません。

目の前にいる子どもの姿です。

実際の子どもの姿を基にして、教育課程・保育課程の見直しをしますよね。

今までずっと、そうしてきたはずです。

もし、「10の姿」を基にして、教育課程・保育課程の見直しをしているのであれば、うまくいかなくて当然です。

実際に見られた子どもの姿の中から、「10の姿」につながるものを探してください。

「3つの柱」「10の姿」を踏まえた教育課程・保育過程の見直し方の中でも、「子どもの姿を見失わないように」ということを詳しく書いています。

 

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」は、あくまでも念頭に置きながらです。

メイン発達の各時期にふさわしい生活が展開されるようにです。

教育要領や保育指針に書いてあるのは、

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を念頭に置きながら、発達の各時期にふさわしい生活が展開されるように、指導計画を作成することが大切である。また、指導計画は一つの仮説であって、実際に展開される生活に応じて常に改善されるものであるから、そのような実践の積み重ねの中で、教育課程も改善されていく必要がある。

出典:幼稚園教育要領解説

こうです。

 

平成22年に、「幼児期の終わりまでに育ってほしい幼児の具体的な姿」(このときは12の姿でしたけど)が示されてから、8年も経っているので、今さら少しくらい早く見直しても、あまり変わりません。

それよりも、本質を見失わないようにしてください。

とはいえ、すでに教育課程・保育課程の大幅な見直しを始めている園もあるようです。

ということで、「自然との関わり・生命尊重」につながる姿を考えてみましょう。

 

「10の姿」(自然との関わり・生命尊重)に書いてある言葉は取り入れない

まずは、「10の姿」の自然との関わり・生命尊重についての文を確認しましょう。

自然との関わり・生命尊重 自然に触れて感動する体験を通して、自然の変化などを感じ取り、好奇心や探究心をもって考え言葉などで表現しながら、身近な事象への関心が高まるとともに、自然への愛情や畏敬の念をもつようになる。また、身近な動植物に心を動かされる中で、生命の不思議さや尊さに気付き、身近な動植物への接し方を考え、命あるものとしていたわり、大切にする気持ちをもって関わるようになる。

出典:保育所保育指針解説

幼稚園教育要領解説、幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説にも同じように書いてあります。

「『自然との関わり・生命尊重』に書いてあることにつながるように」と思ってしまうと、つい、この文の中にある言葉を使いたくなりませんか?

たとえば、「好奇心や探究心をもって」とか「愛情や畏敬の念」とか「命あるものとしていたわり」とか。

使った時点で、もう不自然です。

「10の姿」は、幼児期の終わりまでに育ってほしい姿ですから。

5歳ならともかく、3歳や4歳で使ってしまうと、3、4歳の発達とは大きく違った姿になります。

安易に使うのはやめましょう。

 

じゃあ、どうすれば良いかというと、

自然との関わり・生命尊重 自然に触れて感動する体験を通して、自然の変化などを感じ取り、好奇心や探究心をもって考え言葉などで表現しながら、身近な事象への関心が高まるとともに、自然への愛情や畏敬の念をもつようになる。また、身近な動植物に心を動かされる中で、生命の不思議さや尊さに気付き、身近な動植物への接し方を考え、命あるものとしていたわり、大切にする気持ちをもって関わるようになる。

続きに書いてあることを、よく読んでみてください。

幼児期の自然との関わり・生命尊重は、領域「環境」などで示されているように、保育所の生活において、身近な自然と触れ合う体験を重ねながら、自然への気付きや動植物に対する親しみを深める中で育まれていく。なお、自然との関わり・生命尊重は、領域「環境」のみで育まれるのではなく、第2章に示すねらい及び内容に基づく保育活動全体を通して育まれることに留意する必要がある。子どもは、保育所内外の身近な自然の美しさや不思議さに触れて感動する体験を通して、自然の変化などを感じ取り、関心をもつようになる。

出典:保育所保育指針解説

幼稚園教育要領解説、幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説にも同じように書いてあります。

ここには、自然との関わり・生命尊重がどのように育まれるか書いてあります。

 

前半部分の、「保育所の生活において、身近な自然と触れ合う体験を重ねながら、自然への気付きや動植物に対する親しみを深める中で育まれていく。」というところが、大きなヒントです。

というか、もう答えですよね。

 

「保育所の生活において、身近な自然と触れ合う体験を重ねながら」というのが、まず第一段階です。

身近な自然と触れあう体験で良いんです。

マンション暮らしで、車に乗って保育所に来ていたら、家庭で自然と関わる体験がどれくらいあるでしょうか?

保育所や幼稚園で、とにかく自然と触れ合う体験をすること自体が、本当に重要なんです。

 

「自然への気付きや動植物に対する親しみを深める中で育まれていく。」

この文は、前半部分の「身近な自然と触れ合う体験を重ねながら」とつながっていることに注意する必要があります。

絵本や図鑑、テレビの番組を通してではないんです。

実体験の中での、「ザラザラ」「酸っぱい」「大きい」「形が似てる」「温かい」などの「自然への気付き」「動植物に対する親しみ」。

普段の生活の中で、子どもの姿として、いくらでも例が出てくるはずです。

 

後半部分にも、「自然との関わり・生命尊重」につながる言葉が見付かります。

  1. 保育所内外の身近な自然
  2. 美しさ不思議さに触れて
  3. 感動する体験を通して
  4. 自然の変化など感じ取り
  5. 関心をもつようになる

さらに、これらの言葉から、実際の子どもの姿を思い浮かべてみましょう。

 

身近な自然が具体的に思い浮かびますか?

美しさ不思議さに触れるからといって、観光地や絶景スポットに行く必要は全くないですよね。

プールの水面が光っているところや、イチョウの葉っぱが舞う様子を見ただけで、歓声があがります。

普段の生活での、こうした何気ない場面で、子ども達は感動する体験をしていますよね。

 

急に曇ると水面の光り方が変わるし、寒く感じることもあります。

こんなちょっとしたことも自然の変化です。

自然の変化などなので、別に変化に限りませんよね。

風の気持ちよさとか、すごく大きな樹に圧倒される感じとか、いろいろなことを感じ取り関心をもつようになれば良いんです。

 

生命尊重のことは、少しだけ離れたところにも書いてあります。

また、子どもは、身近な動植物に愛着をもって関わる中で、生まれてくる命を目の当たりにして感動したり、時には死に接したりし、生命の不思議さや尊さに気付き、大切にする気持ちをもって関わるようにもなる。

出典:保育所保育指針解説

幼稚園教育要領解説、幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説にも同じように書いてあります。

まずは、「身近な動植物に愛着をもって関わる中で」です。

いつまでも眺めていたり、飼育ケースを肌身離さず持っていようとしたりする姿がありますよね。

 

その次をスルーしている人はいませんか?

「生まれてくる命を目の当たりにして感動したり、時には死に接したりし」の部分です。

しかも、ただ体験するのではなくて、「愛着を持って関わる中で」の体験です。

このような体験を重ねないと、

「生命の不思議さや尊さに気付き、大切にする気持ちをもって関わるようにもなる」

というようにはなりません。

 

生き物を飼うことのハードルが高い人は、まずは飼いやすい生き物から始めましょう。

子どもが自分でお世話できるダンゴムシの飼い方

【身近な生き物】アメンボ、ハサミムシ、オケラ、ヤスデの飼い方

子どもが自分で世話をできる生き物10選

 

もう一度ポイントをまとめると

  • 「自然との関わり・生命尊重」だと分かるような言葉を無理に使わない(無理にやると発達とかけ離れるから)
  • 「自然との関わり・生命尊重」につながる姿はいくらでもあるが、自然のことも生き物のことも、かなりスルーしていませんか?

 

まとめ

「幼児期の終わりまでに育ってほしい自然との関わり・生命尊重」につながる姿を具体的に考える時に必要なことは

教育課程・保育課程や指導計画を、今までと同じように見直すことです。

今までは、子どもの姿を基にして見直していました。

「10の姿」を基にして見直してしまうと、今までとは違う見直し方になってしまいます。

ですので、実際の子どもの姿とは違うものになってしまったり今まで以上に労力が必要だったりします。

 

そして、「10の姿」(自然との関わり・生命尊重)に書いてある言葉を安易に取り入れないことが大切です。

さらにその続きに書いてあることを参考にしましょう。

  1. 保育所内外の身近な自然
  2. 美しさ不思議さに触れて
  3. 感動する体験を通して
  4. 自然の変化など
  5. 感じ取り
  6. 関心をもつようになる

 

どこか特別な場所に出かける必要はありません。

身近な自然に触れることを大事にしましょう。

生き物に接するのが苦手な人も、簡単な生き物から飼ってみましょう。

 

最後に、「10の姿」を3歳や4歳で表にすることは求められていません。

これまでと同じように「5領域」をベースとして保育をしましょう。

これについて詳しいことは、

「10の姿」(協同性)につながる具体的な姿を考えるヒントに書いてあります。

 

他にも具体的な姿を知りたいという人は、

【10の姿】「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」のとらえ方と具体的な姿

「10の姿」(自立心)につながる具体的な姿を考えるヒント

「10の姿」(健康な心と体)につながる具体的な姿を考えるヒント

「10の姿」(道徳性・規範意識の芽生え)につながる具体的な姿を考えるヒント

「10の姿」(社会生活との関わり)につながる具体的な姿を考えるヒント

「10の姿」(思考力の芽生え)につながる具体的な姿を考えるヒント

「10の姿」(数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚)につながる具体的な姿を考えるヒント

「10の姿」(言葉による伝え合い)につながる具体的な姿を考えるヒント

「10の姿」(豊かな感性と表現)につながる具体的な姿を考えるヒント

をご覧ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「もっといろいろと知りたい」という方は、

ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。