「3つの柱」「5領域」「10の姿」と「ねらい」との関係




「3つの柱」「10の姿」

幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領が改訂され、聞くようになった言葉です。

改訂される前からある、「五領域」も合わさって、もう訳が分からなくなりますね。

今回は、「3つの柱」「5領域」「10の姿」と、「ねらい」との関係を説明します。

中学生でも分かるくらいに、ものすごく簡単に説明していきますね。

「3つの柱」「5領域」「10の姿」と「ねらい」との関係はとても簡単に表すことができる

「3つの柱」

子供を保育、教育するとき、幼稚園・保育所から高校までの、縦のつながりがとても大事です。

縦のつながりを「資質・能力」という視点で考えたら、3つにまとめることができました。

これが「3つの柱」です。

「ねらい」「5領域」

「資質・能力」や保育の目標を、子どもの姿で表したのが「ねらい」です。

ねらいと内容に基づいて保育をすると、「資質・能力」も育ちます。

「ねらい」は、分かりやすく5つに分類しました。

これが「5領域」です。

「10の姿」

「修了するころには、このくらいまで育っていてほしいな」という姿を考えてみました。

これが「10の姿」です。

「ねらい」が表している姿は、入園、入所から、修了までの間の姿です。

「10の姿」が表している姿は、修了するころの姿です。

関係を考えるときに大事なこと

「3つの柱」「5領域」「10の姿」と「ねらい」との関係を考えるときに、本当に大事なことは、

ねらいと内容に基づいて保育をすると「資質・能力」も育ちます

というところです。

言い換えると、

普段の保育をするときや、保育指導案を書くときは、「ねらい」のことだけ考えれば良い

ということになります。

「学校教育法を常に意識して保育をしてます。」

みたいな人は、少なくとも私の周りでは聞いたことがありません。

「3つの柱」や「10の姿」も、普段の保育にとっては少々規模が大きいです。

「3つの柱」について、ねらいを書くときに注意したいことは、「ねらい」の書き方はどう変わる?改訂前と改訂後でも紹介しています。

そちらも読んでください。

「3つの柱」「5領域」「10の姿」と「ねらい」との関係は、先程までの説明で終わりです。

難しく考えすぎて、分からなくなってしまった人のために、ものすごく省略して、簡単に説明しました。

ですので、少々不適切に感じる人もいると思います。

本当の意味を知りたい人は、幼稚園教育要領保育所保育指針を読んで理解してください。

また迷ったときに、頭を整理するために、この記事を読んでみてください。

もう少し詳しく説明すると

「3つの柱」

「3つの柱」は、3つの資質・能力のことです。

小学校、中学校、高校、特別支援学校も、この「3つの柱」がつながります。

余裕のある人は、新しい学習指導要領等が目指す姿を見てください。

文部科学省のホームページにリンクしてあります。

幼稚園教育要領解説では「幼児教育において育みたい資質・能力」

保育所保育指針では、「育みたい資質・能力」として載っています。

資質・能力について、書いてある中身は同じです。

幼保連携型認定こども園教育・保育要領も同じです。

「知識及び技能の基礎」
「思考力、判断力、表現力等の基礎」
「学びに向かう力、人間性等」

この3つが「育みたい資質・能力」です。

小学校や中学校では「の基礎」の部分は書かれません。

これがとても重要なことです。

さらに詳しく知りたい方は
【保育だけ特別!】「資質・能力の3つの柱」でみんなが誤解してしまうことを読んでください。

先程も書いたように、ねらいと内容に基づいて保育をすると、「資質・能力」が育まれます。

ですので、普段の保育をするときや、保育指導案を書くときは、ねらいと内容を大事にしてください。

「資質・能力」のことを考えすぎると、分からなくなって保育できなくなります。

「資質・能力」のことを特別に取り上げるのは、研究のときや、小学校との接続を考えるときです。

また、小学校との連携・一貫教育に取り組むと、「資質・能力」で大変なことになる可能性があります。

詳しくは、【大問題!】「3つの柱」で評価を求められる可能性と対応法をご覧ください。

「10の姿」

「10の姿」は、次のように、幼稚園教育要領に載っています。

次に示す「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」は,第2章に示すねらい及び内容に基づく活動全体を通して資質・能力が育まれている幼児の幼稚園修了時の具体的な姿であり,教師が指導を行う際に考慮するものである。

出典:幼稚園教育要領

保育所保育指針にも、ほぼ同じ文章が載っています。

「指導を行う際に考慮するものである」と書いてあるので、「10の姿」が常に頭にないといけないように感じます。

でも、ちょっと無理ですよね。

「10の姿」は、保育を振り返るときや、教育課程の検討をするときなどに、参考にしましょう。

白梅学園大学の武藤隆教授(教育要領の作成に関わっている方です)は、次のように述べています。

一読するとお分かりになるように、10 の姿はかなりレベルが高い内容であり、5歳児終了までに100%実現することを求めるものではありません。あくまでも、「こういう姿を目指してほしい」という方向性と捉えてください。3、4歳児は5領域をベースとし、5歳児から10 の姿をイメージした保育を意識していただきたいと思います

5歳児修了時までに育ってほしい姿として示された「10 の姿」は、従来の5領域を具体的な姿として表したもので、5領域とは別個の目標ではありません。

子どもの姿を振り返る視点として、幼稚園でも保育所でも、「10の姿」が参考になるはずです。といっても、これをそのまま目標とする必要はありません。子どもの実態に照らして、重点を置く姿を定めたり、全く別の目標を持ったりしても良いでしょう。「10 の姿」は5歳児を想定していますが、もちろん5歳になったからといって、突然、こうした姿が表れるのではありません。3、4歳のどのような育ちが「10 の姿」につながるのかを、自園の子どもを通して考えるのも良いでしょう。

白梅学園大学 武藤隆教授のFacebook

まとめ

「3つの柱」

保、幼、小、中、高に共通する、育みたい「資質・能力」のこと

ねらいと内容に基づいて保育をすると「資質・能力」も育つ

研究のときや、小学校との接続を考えるときに意識する

「ねらい」

「資質・能力」や保育の目標を、子どもの姿で表したもの

普段の保育で意識するのは「ねらい」

「5領域」

「ねらい」を5つに分類したもの

「10の姿」

幼児期の終わりまでに育ってほしい姿

100%実現するものではなく、あくまでも方向性

保育を振り返るときや、教育課程の検討をするときなどに、参考にする

この記事は、中学生でも分かるくらいに、ものすごく省略して書いています。

ですので、少々不適切に感じる人もいると思います。

頭を整理するための記事だと思ってくださいね。

まだ分かりにくかった人のために、「5領域」と「10の姿」だけについて説明している記事がこちらです。
【まだ悩んでる?】「5領域」と「10の姿」の意味、違い、関係

もう1つ、頭を整理するための記事がこちらです。

【超シンプルな視点で書ける】指導要録・保育要録の意味と書き方

「3つの柱」や「10の姿」について、もっと詳しく知りたい人は、こちらをご覧ください。

【保育だけ特別!】「資質・能力の3つの柱」でみんなが誤解してしまうこと

【10の姿】「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」のとらえ方と具体的な姿

「3つの柱」「10の姿」を踏まえた教育課程・保育課程の見直し方

「10の姿」で語っても小学校の教員に通じない3つの理由と対処法

【大問題!】「3つの柱」で子どもの評価を求められる可能性と対応法

「ねらい」と他の言葉の関係が分からなくなっている人、「ねらい」とはどのようなものか分からなくなっている人は、こちらもご覧ください。

伝わりやすい保育指導案の書き方【ねらいと内容の違いを自信をもって説明する】

「ねらい」の意味と「目標」「目的」「めあて」との違い【保育では「ねらい」が特別です】

「ねらい」の書き方はどう変わる?改訂前と改訂後

保育の適切な「ねらい」とは【全員が達成できる「ねらい」はだめなの?!】

保育指導案の書き方について、もっと詳しく知りたい人、例文などを探さなくても自分で書けるようになりたい人は、「保育塾ベーシック」についての詳しい内容を読んでみてください。

保育塾ベーシックの紹介

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
「もっといろいろと知りたい」という方は、ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。

また、この記事のように、「難しいことがシンプルに分かる」研修・ワークショップを受けてみたい人は、お問い合わせから気軽にご相談ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。