【簡単!でも効果大!】要録を書くのに苦労した人が今からやっておくべきこと




「これが何回目の直しか分からない」
「ネタがなくて、もう絞り出せない」
「4月になっても、まだ終わらない」

なんて思いながら、指導要録・保育要録を書いていた人はいませんか?

この記事では、「まだ終わらない・・・」と苦労をしながら要録を書いていた人が、今のうちにやっておくべきことを紹介しています。

「やっておくべきこと」といっても、仕事の量は特に増えません。むしろ、やることがスッキリして、仕事の量が減る人もいます。今まで全くしてこなかった人にとっては、激増でしょうけどね。

要録を書くのに苦労した人が今からやるべきこととは

要録を書くのに苦労した人が今からやるべきことは

「記録の見直し方を見直す

です。

あれ?書き間違いじゃないの?
と思った人もいるかもしれませんが、書き間違いじゃないです。

記録をしましょう」とか
記録の仕方を見直しましょう」ではなくて、
記録の見直し方を見直しましょう」です。

「あまり記録をしてないし・・・」という人でも使える方法です。

「記録の見直し方を見直す」のやり方

一言で言うと、記録にペンで線を引くだけです。

毎日しっかり記録をしている人は、量が多くてちょっと大変ですが、あまり記録をしていない人は、あっという間に終わります。

要録を書くことと記録を見直すことの関係

指導要録・保育要録って、「記録の要点をまとめたもの」なんです。

だから、普段の記録を残していない人、記録の見直しができていない人は、要録も書けません。

記録を全くしていない人は問題外として、少しでも記録をしている人は、見直し方を変えることで、要録も書けるようになってきます。

記録の見直し方を見直す準備

まずは、昨年度の指導要録・保育要録の下書きを見てください。「個人情報だし、当然シュレッダーしたよ」という人は、思い出してください。

「あなたは、昨年度の指導要録・保育要録に、何を視点にして子どもの育ちを書きましたか?

こう聞かれて、すぐに思い浮かぶ人は、書くのに苦労してないですよね。

  • Aちゃんの要録は、「友だちとの関わり」「頑張ったこと」「生活」についての育ちを書いた。
  • Bちゃんの要録は、「遊びの中で工夫したこと」「頑張ったこと」「生活」についての育ちを書いた。
  • Cちゃんの要録は、「友だちとの関わり」「遊びの追求」「生活」についての育ちを書いた。

みたいな感じで、どの子どもについても、大体同じような視点をもって、育ちを書いていますよね。

人によって視点は違って、5領域で書いている人もいるかもしれないし、「ヒト・モノ・コト」の視点かもしれないし、園で掲げている、「めざす子どもの姿」に関連させているかもしれません。

とにかく、なにかの視点をもって書かないと、「Aちゃんの要録には遊びのことばかり書いてしまった」とか、「ほとんど全員、友だちとの関わりと生活のことだけが書いてある」みたいなことになりかねません。

もう一度質問します。
「あなたは、昨年度の指導要録・保育要録に、何を視点にして子どもの育ちを書きましたか?」

大体でいいですよ。

「友だち」「遊び」「生活」とか、
「ヒトとの関わり」「モノとの関わり」「コトとの関わり」みたいな感じでいいです。

視点が3つなら3色、視点が4つなら4色のペンを用意しましょう。

記録の見直し方を見直す具体的なやり方

まずは、記録を見直しましょう。
記録をするだけして、見直してない人、いますよね。

記録を見直したときに、眺めるだけではなく、ペンで線を引きます。
「友だちとの関わり」は青、「遊びの追求」は赤、「生活」は緑・・・みたいな感じです。5行くらいしか記録してない人は、30秒もあれば終わりますよね。

まずは、それでいいんです。

「友だち」「遊び」「生活」くらいなら、線を引かなくても分かるでしょ。と思った人、いますよね。

線を引くと、1週間とか1ヶ月分をまとめて見たときに、読み返さなくても一目で分かるんです。

「緑が多いってコトは、自分は生活のことを大事にしてるんだな」とか、
「青ばっかりだから、友だちのことしか要録に書けなかったんだ」とか、
「もう少しいろんな視点で子どもを見よう」とか、
線を引くと、意識が変わるんです。

レコーディングダイエットみたいなものです。食べたものを記録するだけなのに、意識が変わって自分をコントロールできるようになってきます。

ほんの少しからでもいいんです。
記録をして、線を引いてみましょう。
少しずつ慣れてきます。

あまり線を引きすぎると、ゴチャゴチャして見づらくなります。
特に大事だと思う部分に、線を引くようにしましょう。

本当に慣れてきたら、線を引いたところが、「ねらい」とつながるようになります。保育指導案を書く時間が大幅に短くできますよ。

まとめ

昨年度、要録を書くのに苦労をした人は、普段の記録を見直すときに、ペンで線を引いてみましょう。

普段の記録1年分をまとめたものが、保育要録・指導要録です。

ペンで色分けをすると、自分が何を大事にして保育をしているかが、一目で分かります。

大事にしたいことに、さらに力を注ぐ人もいるかもしれないし、バランスよく記録をしようと思う人もいるかもしれません。

とにかく、少しでも意識が変わるように、ペンで線を引きましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
「もっといろいろと知りたい」という方は、
ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。