「これが10の姿(数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方




「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」を考慮して、指導要録・保育要録を書こうとしているみなさん。

意識し過ぎて、フリーズしていませんか?

まずは、「これが10の姿です」と言える指導要録・保育要録の書き方を読んでみてください。「これが10の姿です」と言える指導要録・保育要録の書き方を読んで、さらに詳しいことを知りたくなった人は、この記事も続けて読んでみましょう。

この記事は、「この姿は、10の姿で言うと、数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚について書いてあります。」と、自信をもって言える書き方を紹介しています。「何を」「どのように」詳しく書けば良いのかを、この記事を読んで見付けてくださいね。

 

指導要録・保育要録は10の姿のそれぞれについて書くものではない

大事なことなので、複数の記事で言っていますが・・・

指導要録・保育要録は、「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚については、○○のような育ちがある」「協同性では、このような姿がある」というような書き方をしません。

最終年度の記入に当たっては、特に小学校等における児童の指導に生かされるよう、幼稚園教育要領第1章総則に示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を活用して幼児に育まれている資質・能力を捉え、指導の過程と育ちつつある姿を分かりやすく記入するように留意すること。その際、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」が到達すべき目標ではないことに留意し、項目別に幼児の育ちつつある姿を記入するのではなく、全体的、総合的に捉えて記入すること。

幼稚園及び特別支援学校幼稚部における指導要録の改善について(通知)

これは、文部科学省から、全国の教育委員会などに向けて、通知されたものの一部です。引用したのは、「指導に関する記録」に書くことの部分です。
「項目別に幼児の育ちつつある姿を表すのではなく」って書いてあります。

数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚については○○である」「自立心は、こうである」「道徳性に関しては、こんな姿である」
というような書き方はしないということです。
保育所やこども園でも、同じように書きます。

保育所児童保育要録に記載する事項

幼保連携型認定こども園園児指導要録に記載する事項

「育ちつつある姿」の書き方

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」のことを考えて、5歳児の場合は、小学校以降につながる、育ちつつある姿と、指導してきたことを書きましょう。

これも、先ほど紹介した、文科省の資料に書いてあることです。

  1. 以前は、こんな姿でした
  2. そこで、こんな援助をしてきました
  3. 今は、こんな姿が育ちつつあります

というように書きます。

 

10の姿(数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚)をふまえて要録を書くと

まずは、「10の姿」の数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚についての文を確認しましょう。

数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚 遊びや生活の中で、数量や図形、標識や文字などに親しむ体験を重ねたり、標識や文字の役割に気付いたりし、自らの必要感に基づきこれらを活用し、興味や関心、感覚をもつようになる。

出典:保育所保育指針解説

幼稚園教育要領解説幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説にも同じように書いてあります。

数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚をふまえて要録を書くのなら、この文の中にある言葉を使って子どもの姿を書けば良いと思いませんか?

そっくりそのまま使うのも気が引けるので、少しだけ文を変えて書きますよね。

たとえば、「遊びの中で文字を活用している姿がある」とか「図形や文字への興味・関心が強い」とか。

このような書き方ばかりだと、誤解を生むことがあります。

「書くスペースが少ないから」といって、10の姿のことだけを書いてしまうのであれば、なおさら誤解は強まります。

 

「子どもの姿」「援助」は具体的に書く

保育に携わる身としては、子どもの良いところをたくさん書きたい気持ちは分かります。

要録は、子どもの肯定的なところを書きますが、良いところだけを並べて書くと、誤解を生んでしまいます。

誰に誤解されるかというと、特に、小学校の先生です。

「図形や文字への興味・関心が強いって書いてあるのに、授業中、よそ見ばっかりしてるんですけど?」

などと思われてしまいます。

 

絵本を作って、自分で言葉を考えて、一生懸命に書いてたのに・・・

周りが騒がしくても気にならないくらい集中できる子なのに・・・

などと思っても、その姿を知っているのはあなたしかいません。

「子どもの姿」や「保育者の援助」は具体的に書きましょう。

  1. 以前は、こんな姿でした
  2. そこで、こんな援助をしてきました
  3. 今は、こんな姿が育ちつつあります

というように書きます。

 

◯1学期の後半から、年下の子ども達に頼まれて、絵本を読み聞かせる姿が多く見られた。「所々、自分で話を作っている」と見取った担任が、「◯◯ちゃんが作った絵本も読んでみたいな。」と言ったことをきっかけに、自分で絵本を作るようになった。自分で絵本を作るようになってからは、時間をかけて丁寧に絵を描くようになり、ひらがなとカタカナを全部覚えた。今でも新作が出続けており、友達を集めて読み聞かせる姿もある。

 

◯自分で作ったものを商品としたオモチャ屋さんを開いて遊ぶことが多かった。そのうち、「お客さんが多過ぎて十分な対応ができない」という悩みが出てきた。そこで、担任と相談して、準備中の表示や商品の使用方法などを書いておくことを思いついた。その後も、「げんてい5こ」の表示を作る、トイレの場所を矢印で示すなど、本物の店で何かの表示を発見する度に、自分の店に取り入れる姿があった。今も看板などへの興味は続いている。

 

「遊びの中で文字を活用している姿がある」とか「図形や文字への興味・関心が強い」とだけ書いてあると、「どんな場面でも活用できる」「どんな場合でも興味・関心がある」と受け取られるかもしれません。子どもの姿や保育者の援助は具体的に書きましょう。

 

数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚に関わる「育ちつつある姿」を書くポイント

「育ちつつある姿」を書くポイントは、3つあります。

活用している」とか「興味・関心」という姿が、

  • 「保育者の援助がある中、好きなことが自由にできる環境の中で見られる姿である」ということが分かるように書く
  • 「生活の全ての場面ではなくて、ある1場面で見られる姿である」ということが分かるように書く
  • 「できる、している」と書くのではなく「やろうとしている態度、気持ちが見られる」と書く

3つの中のどれかを書いてあれば、

「図形や文字への興味・関心が強いって書いてあるのに、授業中、よそ見ばっかりしてるんですけど?」
などという誤解は生まれません。

要するに、「育ちつつある姿」なので、「育ったよ」と言ってしまうと、おかしなことになります。

もちろん、「本当に育ったんだよ」ということであれば、自信をもって書いてください。

 

まとめ

指導要録・保育要録は、「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚については、○○のような育ちがある」「思考力の芽生えでは、このような姿がある」というような書き方をしません。

小学校以降につながる、育ちつつある姿と、指導してきたことを書きましょう。

  1. 以前は、こんな姿でした
  2. そこで、こんな援助をしてきました
  3. 今は、こんな姿が育ちつつあります

というように書きます。

基本的には、書いてしまってから「10の姿の、どれと関連があるかな?」と考えましょう。

 

数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚について書きたいからといって、「図形や文字を活用している」とか「興味・関心をもっている」だけを書くと、誤解が生まれます。

子どもの姿も、保育者の援助も、具体的に書きましょう。

  • 「保育者の援助がある中、好きなことが自由にできる環境の中で見られる姿である」ということが分かるように書く
  • 「生活の全ての場面ではなくて、ある1場面で見られる姿である」ということが分かるように書く
  • 「できる、している」と書くのではなく「やろうとしている態度、気持ちが見られる」と書く

これらのどれかを取り入れて書くと、すでに育った姿ではなくて、「育ちつつある姿」だということが分かります。

 

この記事は、「どうしても数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚について要録に書く方法が知りたい」という人のために書いたものです。

基本的には、「これが10の姿です」と言える指導要録・保育要録の書き方に書いてあることが理解できれば、十分だと思います。

 

「でも、どうしても10の姿のそれぞれについても知りたいんだよ」という人は

「これが10の姿(健康な心と体)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(自立心)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(協同性)にかかわっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(道徳性・規範意識の芽生え)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(社会生活との関わり)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(思考力の芽生え)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(自然との関わり・生命尊重)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(言葉による伝え合い)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

「これが10の姿(豊かな感性と表現)に関わっています」と言える指導要録・保育要録の書き方

を読んでください。

 

さらに、要録をしっかり書きたい人は

指導要録・保育要録の内容と保育力をレベルアップさせる「援助」の書き方

を読んでみてください。

簡単に説明してありますが、内容としては高度です。

 

この記事が難しかった人、要録を思うように書けない人は、

指導要録・保育要録の書き方で迷ったときに試したい3つのこと

【超シンプルな視点で書ける】指導要録・保育要録の意味と書き方

【1語からスタートしても書ける】指導要録・保育要録をスラスラ書く方法

【文のスタート・つながりで悩まない】指導要録・保育要録をスラスラ書く方法

肯定的な言葉で「指導要録・保育要録」を書ける3つの法則

指導要録・保育要録の「主語が分からない問題」を解決する3つのルール

【指導要録・保育要録】1分で書ける「個人の重点」

を読んでみてください。

 

「要録を書くのに、時間がかかって困る」という人は、

指導要録・保育要録に時間を取られる5つの理由と対処法

を読みましょう。

 

10の姿については、

【10の姿】「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」のとらえ方と具体的な姿

をご覧ください。

「要録の書き方をもっと詳しく教えてよ」という人は、下の画像をクリックして、「保育塾ベーシック」についての詳しい内容を読んでみてください。

保育塾ベーシックの紹介

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「もっといろいろと知りたい」という方は、

ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。

 

まずは、今年度のように要録に苦労しないために

「発達を考えた遊び方」のカテゴリー

子どもの姿・見取りのカテゴリー

環境の構成、保育者の援助のカテゴリー

などをチェックして、好きな記事を読んでみましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。