やめて(泣)死んじゃう!けっこうな人数が間違っているカエルの飼い方




「アマガエルだけならなんとかなる」
「キャラクターは好きだけど本物は苦手」
「飼いたいのなら子どもがお世話をする」
このような人は、カエルの飼い方を全然知らないまま飼っていますよね。

この記事では、カエルの間違った飼い方と解決方法を、分かりやすいようにQ&Aの形で書いています。

子どもに任せてしまっている人、どうやって飼うか全然知らない人は、1つでも取り入れてみてください。

水に関する問題

カエルは水が大好き?

カエルは水が好きかもしれませんが、水だけでは生きられません。
水だけ入れて飼っていると弱って死にます。

陸地を用意してください。

できればコケをしきつめましょう。

コケが無理なら、カエルがいた場所の草を、土ごと飼育ケースに入れましょう。

特に勘違いが多いのは、おそらくアマガエルではないでしょうか?

アマガエルは樹上で生活しています。

写真は7月末の昼間、気温37℃だった日に、栗の木の葉にくっついてジッとしていたアマガエルです。

アマガエルを飼うときには、木の枝など、登るところも入れましょう。

オタマジャクシにも陸地がいるの?

オタマジャクシも、ずっと水だけだと弱って死にます。

足が生えてくると、エラ呼吸できなくなります。

足が生えたオタマジャクシには陸地が必要です。

野生にいるから汚れた水も平気?

田んぼや池で見かけるからでしょうか?

カエルは汚れた水でも平気なイメージがあります。

でも、田んぼや池は、泥水ではありますが、水は十分あります。

飼育ケースの水よりも、ずっときれいです。

飼育ケースの水は、排泄物や食べ残しですぐに汚れます。

濁っていたら、水道水でも良いので、すぐに水替えをしましょう。

普段は、できればカルキ抜きをしてください。

カルキ抜きの仕方は


を見てください。

排水できるように、飼育ケースの下の方に穴を開けて網をつけておくと楽です。

食べ物に関する問題

ケンカしてかみついてるの?

ケンカではなくて、相手を食べようとして、かみついています。

大きさが違う個体同士を一緒にすると、エサにしか見えないようです。

お腹がすけば、自分とほとんど大きさが変わらない相手でも食べてしまいます。

できれば1匹ずつで飼いましょう。

数匹一緒に飼うのであれば、同じ種類で同じくらいの大きさのカエルにします。

隠れる場所もたくさん作りましょう。

エサはたくさん入れておけば大丈夫?

エサをたくさん与えても、強い個体だけが食べます。

隠れる場所がたくさんあって、それぞれの個体の目の前にエサがあれば、みんなが食べるかもしれません。

手間はかかりますが、一匹ずつにエサを与える方が安心です。

生きたエサしか食べない?

カエルは基本的に動いているものしか食べません。

死んでいても、カエルの上の方でうまく動かせば食べます。

「無理矢理に口を開けて押し込めば食べる」ということを聞きましたが、可愛そうで試したことはありません。

場所に関する問題

どこで飼えば良い?

テラスで飼うと、天気の良い日は水がすぐに熱くなって死にます。

日の当たらないところでずっと飼っていると病気になります。

涼しい時間帯には日が当たり、暑いときには陰になる場所を探しましょう。

子どもへの対応に関する問題

「子どもが責任を持って飼う」が間違い?

「子どもが責任を持って飼う」という、それらしい言葉で、放任するのはやめましょう。

全ての問題は、ここから始まります。

カエルが苦手なのは分かりますが、せめて飼い方くらいは一緒に調べましょう。

「カエルが嫌い」と言わない方が良い?

2~3歳の子どもの場合

カエルとの関わり方は、眺めるくらいなので、わざわざ「カエルが嫌い」と言う必要はないですよね。

4~5歳の子どもの場合

飼うのであれば、カエルが苦手な人は、まず最初に、正直に「苦手だ」と言ったほうが良いです。

苦手なことを隠したまま飼おうとするから、適当な飼い方になります。

生き物の命を適当に扱って、教育になるとは思えません。

「苦手だ」と言ったら、面白がって見せてくる子どもがいますよね。

そのときこそ、教育のチャンスです。

「人が嫌がることはしない」を実感をもって教えましょう。

その上で、

先生はカエルが苦手だから、一緒に飼い方を調べるくらいしかできない。

上手にお世話をできているか、見ることくらいはできる。

それでも、どうしても飼いたいなら、子どもが頑張ってお世話をする。

という流れにしましょう。

苦手なら、年長の子どもや隣のクラスの先生に頼れば良いです。

「それぞれの子どもの、得意なことに目を向ける」ということにつながりますし、他クラスとの交流にもなります。

いっそのこと飼わない方が良い?

カエルに限った話ではないですが・・・

生き物と十分に向き合えないのであれば、飼わない方が良いかもしれません。

生きたエサを与えずに共食いを放置しておくことや、カエルを干からびさせることが、命の教育になるとは思えません。

カエルが苦手な人にとっては都合が良いことに、飼わない言い訳にできることがあります。

  • アマガエル
    弱い毒があります。アマガエルを触った手で、傷口や目を触らないようにしましょう。アマガエルを触ったときは、すぐに手を洗いましょう。
  • ヒキガエル
    かなり強力な毒があります。犬がヒキガエルを口に入れて、死亡したという例もあるようです。ただ、捕食されるというような緊急事態でない限り、自分から攻撃するようなことはありません。実際に飼って触っていましたが、毒を出したところを見たことは無いです。とにかく手を洗いましょう。
  • トノサマガエル
    環境省により、レッドリストの準絶滅危惧(NT)に指定されています。さらに、トノサマガエルによく似たダルマガエルには、絶滅危惧ⅠB類になっているものもあります。知らずに捕まえているかもしれません。区別がつかない人は、トノサマガエルも捕まえない方が良いでしょう。詳しくは、環境省レッドリスト2018の公表についてを読んでください。
  • ウシガエル
    飼うのも運ぶのも逃がすのも絶対NGです。
    特定外来生物に指定されているからです。農林水産業や、生態系に、大きな影響を及ぼす場合もあるため、違反した場合の罰則は厳しいです。詳しくは環境省日本の外来種対策を読んでください。

ウシガエルと同じような問題はカメにもあります。

合わせて、

をご覧ください。

まとめ

カエルに限った話ではありませんが、飼うのであれば責任を持って飼いましょう。

子どもに対して「責任を持って」と言っても、大人がカエルを苦手で避けているのであれば、まったく意味の無い言葉になります。

苦手であっても、飼うのであれば、少しずつでも向き合いましょう。

本当に苦手なら、他の人に頼れば良いことです。

最後に1つ、苦手だけど飼わないといけない場合の、大事なポイントをお知らせします。

苦手でも、見るだけなら大丈夫という人は、カエルに触らなくてもすむようにして飼いましょう。

子どもがカエルを可愛がろうと思って、飼育ケースのフタを開けるから、カエルは逃げ出します。

「触ると弱るから」ということを教えて、エサを入れる以外でフタを開けないようにしましょう。

無理してカエルを飼わなくても、他に飼うことができる生き物はたくさんいます。

もチェックしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「もっといろいろと知りたい」という方は、

ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。

当サイト「保育塾」では、保育指導案や要録などの書き方、子どもの見取りなど、研修・ワークショップの内容の一部を無料でお届けしています。詳しく知りたい方は、下の画像をクリックして、詳しい内容をご覧ください。保育塾ベーシックの紹介




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。