【本当に飼えるの?】トンボの成虫を上手く飼うための3つのポイント




みなさん、トンボの成虫を上手く飼うことはできないと思っていませんか?

捕まえた次の日には、虫カゴの中で動かなくなっているし、広い部屋の中でも、トンボが干からびて死んでいることがありますよね。

でも、実は飼えてしまうんです。

トンボの成虫の飼い方には3つのポイントがあります。

しかも、他の生き物と飼い方を比べてみても、特別に難しくはないんです。

 

トンボの成虫を上手く飼うための3つのポイントとは

トンボの成虫を上手く飼うために、次の3つのことに気をつけましょう。

  • エサはたっぷりやる
  • 水は常備しておく
  • ある程度の広さを確保する

これだけなんです。

ここでは、覚えやすいように簡単に書きました。

「エサはたっぷり、水は常備、広さはある程度」

もう覚えましたね。

それでは、詳しく説明していきます。

 

トンボのエサはたっぷり与える

トンボのエサはたっぷり与えましょう。

トンボは、自分の身体の大きさと、あまり変わらない大きさの虫も、補まえて食べます。

生きた虫を捕まえるのが大変だから、トンボを飼うのは難しいですよね。

ペットショップにエサ用で売っている生き物でも大丈夫です。

 

という情報は、子どもには秘密にしておいて、本当に飼いたいのであれば、トンボのエサを一生懸命集めてもらいましょう。「他の遊びもしたいけど、それよりもトンボのためにエサを捕まえる」「トンボのために、自分が一生懸命に捕まえた、他の虫の命が失われるのを見る」という経験を、本気でするから、命について考えられるようになります。ペットショップにエサ用で売っている虫の命は、どうしても軽く扱ってしまいますよね。

 

トンボを飼うときには水を常備する

ビオトープといえば、メダカ、ホタル、トンボです。

トンボは水辺の生き物です。

子ども時代はヤゴとして、水の中にいますよね。

トンボを飼うときには水を用意しましょう。

トンボの大きさに合わせて・・・ではなくて、理想は小型のビオトープです。

人間が川の方に行かないから気付かないだけで、普段はこの写真のようなところに住んでいます。

とはいえ、そんなに大きな物は用意できませんよね。

大きめの飼育ケースに水を入れて、木を入れて足場も作りましょう。

これは水場として使うので、飼育ケースのフタはいりません。

水は傷まない程度に替えてください。

 

トンボを飼うのに調度良い広さは?

トンボは、水に太陽が反射しているのと、窓が光っているのを、見間違えるらしいです。

そのため、水を目指しているつもりで窓に向かって飛んでいき、窓にぶつかります。

実際の水とは見た目が少し違うので、距離感が違ってぶつかるのかもしれません。

トンボじゃないから憶測ですけど。

出口に向かってではなくて、何度も窓に突っ込み続けるから、部屋の中で死んでしまうんでしょうね。

 

というわけで、部屋のカーテンを閉めれば、部屋の中で飼うことができます。

でも、トンボを飼うために一部屋を提供する訳にはいかないので、トンボのスペースを作ります。

冷蔵庫が入っていた段ボールくらいの広さで飼うことができます。

段ボールの一部を切り取って、ビニールを貼って窓を作ってみましょう。

そうすると、段ボールの外から観察できます。

 

でも、トンボを飼おうと思ったときに、そんな都合の良い大きさの段ボールは出てきませんよね。

私は子どもと一緒に段ボールを組み合わせて作っていました。

段ボールを組み合わせるときには、できるだけ、トンボを入れる側からテープを貼ってください。

外側から貼ると、段ボールの隙間があったときに、テープの粘着面がむき出しになって、トンボがくっついてしまいます。

 

住むところができたら、あとは飼育ケースで作った水場を置いて、生きたエサを毎日やるだけです。

生きたエサを毎日やるのが、一番大変ですね。

難しくはないけど、エサを捕まえるのに手間がかかります。

 

本気で飼うと、生き物の扱いが丁寧になるし、上手く飼うことができなくても、生き物を飼う大変さに気付くことができます。

大変で飼うことができなかったら、その時点で逃がせば良いんです。

今までは逃がしていたトンボを、試しに飼ってみてはいかがですか?

子どもが自分で世話をできる生き物10選では、簡単に飼うことができる生き物をいろいろと紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「もっといろいろと知りたい」という方は、

ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。