毎日の保育で使える6月の歌(全曲試聴のリンク付き)




保育所・幼稚園で歌いたい6月の歌を集めました。全曲リンクがしてあって、試聴できます。6月に歌う歌を、サクッと決めてしまいましょう。

6月に歌いたい歌、聴きたい歌

「七夕さま」は、7月の初めに歌うことを考えて、6月の歌としても取り上げています。

関連記事はコチラ
目指せ!コードマスター(第1回「カエルの合唱」でCFGをマスターする)
目指せ!コードマスター(第2回「カタツムリ」でAmDmをマスターする)
目指せ!コードマスター(第3回「ぶんぶんぶん」でセブンスを考える)
目指せ!コードマスター(第13回「大きな古時計」でC6について考える)

【簡単・無料のピアノ楽譜】コード2つで弾ける「あめふり」
【簡単・無料のピアノ楽譜】コード3つで弾ける「たなばたさま」

レパートリーを増やしながらコードを少しずつ覚えることができる、「目指せ!コードマスター」。第1回目から第3回目の3曲が6月に歌いたい歌に入っています。

この機会に、コードで伴奏してみてはいかがでしょう?コードでの伴奏に慣れると、簡単な曲なら楽譜がなくても自分で伴奏をつけることができますよ。

「あめふりくまのこ」は、原曲の通りに弾くのは難しいですよね。絵本を歌いながら読めば、ピアノを弾かずにすみます。それから、CDをかければOKです。ピアノが弾けなくても、どんどん歌いましょうね。

6月にやりたい手遊び歌、わらべうた

YouTubeの映像に合わせて「おまめがころころ」としましたが、「ちいさいまめこーろころ」という呼び方もあります。「おまめが」の部分を「ちいさいまめ」と歌います。

「かえるのよまわり」も、「かわずのよまわり」と言うことがあります。

関連記事はコチラ
【簡単・無料のピアノ楽譜】コード2つで弾ける「ひらいたひらいた」
【簡単・無料のピアノ楽譜】コード2つで弾ける「ほたるこい」

曲を年齢別に分けていない理由

「この曲は3歳で歌った方がいい」などという決まりはありません。何歳だとしても、どの歌を取り上げてもいいんです。でも、「2歳児が覚えるのにはちょっと難しいな」「4歳児には歌いこなせないだろうな」ということは当然あります。

だから、「歌いたい歌、聴きたい歌」って紹介してあります。最初は先生やお母さんが歌うのを聴いているだけでもOKですからね。楽しんでできる範囲でやりましょう。

YouTubeで、子どもが歌っているもの、子どもに聴かせているものを探すと、どのくらいの年齢の子どもが好む歌か分かりますよ。

関連記事はコチラ

毎日の保育で使える3月の歌(全曲試聴のリンク付き)
【育了式・修了式・卒園式・謝恩会】保育所・幼稚園のお別れソング30
毎日の保育で使える4月の歌(全曲試聴のリンク付き)
毎日の保育で使える5月の歌(全曲試聴のリンク付き)
毎日の保育で使える7月・8月の歌(全曲試聴のリンク付き)
毎日の保育で使える9月の歌(全曲試聴のリンク付き)
毎日の保育で使える10月の歌(全曲試聴のリンク付き)

6月の壁面に困っている人は、次の記事を参考にしてください。
すぐ決まる!すぐできる!季節感のある壁面は10分で作る
【作るのがもっと楽しくなる】壁面製作のレパートリーを10倍に増やすアイディア集

6月のおたよりに困っている人はこちら
【保護者の心をつかむ】保育所・幼稚園のおたより(6月)の文例50選

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「もっといろいろと知りたい」という方は、
ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。