保育者の援助「配慮する」を考えると保育が変わる




あなたは「配慮する」って、具体的にどういうことだと思いますか?

保育指導案の「保育者の援助」に、多くの人が「配慮する」って書きますよね。

でも、それについて質問をすると、けっこうな人が困ってしまいます。

というか、質問をすると嫌な顔をされます。

 

この記事では、普段は具体的に考えたことがない保育者の援助「配慮する」について、具体的な場面を取り上げながら、深く考えています。

「配慮する」について考えるだけでも、保育が変わってきますよ。

今回の記事は、文章としては簡単に分かるように書いてありますが、相当レベル高いです。

研修1つ分くらいの濃い内容になっています。

基本的なことが知りたい人は、コチラの記事も読んでみてください。

保育者の援助「配慮する」についての質問

手元にある人は、月案や週案を取り出して見てください。

「配慮する」って書いてありますか?

月案や週案に書いた「配慮する」について考えてみましょう。

「配慮する」についての質問その1

  • 具体的に何をしますか?

「◯◯できるように配慮する」と書いてあったとします。

「じゃあ、私が◯◯できるように配慮してください」と言われたら、動けますか?

「配慮する」についての質問その2

  • 月案と週案と日案で、「配慮する」を書かない方がいいのはどれだと思いますか?

「配慮する」を書かない方がいい場合があります。

それには、ハッキリとした理由があります。

後から例を挙げて説明しますね。

「配慮する」を書かない方がいいのは、月案だと思いますか?

それとも週案?日案?

「配慮する」についての質問その3

  • 「配慮する」の次の手は考えてありますか?

配慮しても上手くいかないとき、どうしましょう?

実際、保育をしてみると上手くいかないことってたくさんありますよね。

なぜこんな質問をするのか

なぜこんな質問をするかというと、

ここの援助が思い浮かばないな・・・「配慮する」にしておこう。

という理由で「配慮する」を書いている人がいるからです。

私も若い頃はそうしてました。

でも、実際は配慮する場面で、みんな色んなことをしてるんです。

その「色んなこと」を考えると、どう保育するか、どう書けばいいかが具体的に見えてきます。

「配慮する」の一般的な意味を考える

具体的な保育を考えることができるように、「配慮する」がどんな意味なのか、改めて考えてみましょう。

辞書に載っている「配慮」の意味

[名](スル)心をくばること。心づかい。「配慮に欠ける処置」「当事者の気持ちを配慮する」
出典:デジタル大辞泉(小学館)

パッと見、簡単に説明してありますね。

「配慮」・・・心をくばること

漢字そのままですね。

「心づかい」とも書いてありますが、「心づかい」の意味を調べると、そこには「配慮」と書いてあり、無限ループするパターンになっています。

それで何を配慮するの?

配慮すべき21個のこと。仕事や家庭で!

という記事を見つけました。

保育も仕事なので、仕事についての配慮すべきことを参考にさせてもらうと

1人で突っ走らない

話をよく聞く

チームワークの意識

本音と建て前の使い分け

仕事上の付き合い

出典:配慮すべき21個のこと。仕事や家庭で!

だそうです。

保育としては「1人で突っ走らない」「話をよく聞く」が当てはまるでしょうか。

でも、これだけでは、あまり具体的な場面は思い浮かびませんね。

実は、「配慮する」って、かなり大きいことを言ってるんです。

たとえば、先日記事にした「見守る」は、「配慮する」の中に含まれることがあります。

「子どもの気持ちに配慮して、側で見守る」と言えます。

関連記事はコチラ

 

質問の答えと具体例

  • 具体的に何をしますか?
  • 月案と週案と日案で、「配慮する」を書かない方がいいのはどれだと思いますか?
  • 「配慮する」の次の手は考えてありますか?

これらの質問をすると、困って嫌な顔をされることがあります。

でも「配慮する」の中身を考えることは必要です。

なぜなら、「配慮する」という言葉だけでは実際に動けないからです。

具体的に何をしますか?

たとえば、「安全に配慮する」の場合、「安全に配慮する」ではなくて、「安全への配慮としてスペースを確保する」「安全に配慮し、道具の数を適量にする」「安全のために一列で道路の端を歩く」「安全な場所で~を行う」などと表現すると、具体的に何をするかが分かります。

「子どもが安心できるように配慮する」の場合、「安心して取り組めるよう、事前に知らせておく」「スキンシップをとる」「安心できるように支援の先生はすぐ側に待機する」「時間に余裕をもって活動する」「不安を感じる子どもの近くで話をする」などと表現すると、「配慮する」の中身が分かります。

「配慮する」を書かない方がいいのは?

ここまで読んだら、もう分かりますね。

「配慮する」では、具体的なことが分かりません。

読んだ人にも、保育指導案を書いた自分にも分からないことがあります。

月案や週案はいいんですけど、「日案」に「配慮する」と書いてあっても、具体的に動けません。

だから、「配慮する」を書かない方がいいのは日案です。

「配慮する」の次の手は考えてありますか?

たとえば、子どもが話を理解できるよう配慮する場合、「『こんな話をするよ』と伝えておく」「絵を描いたカードを使う」「支援の先生に補足してもらう」「理解しているか表情を見ながら話す」「A児のペースに合わせて話す」「顔が見える位置に座って話す」「後から確認して、必要なことを伝える」など、「配慮する」の中身をたくさん考えておけばいいです。

まとめ

  • 具体的に何をしますか?
  • 月案と週案と日案で、「配慮する」を書かない方がいいのはどれだと思いますか?
  • 「配慮する」の次の手は考えてありますか?

これらの質問をすると、困って嫌な顔をする人がいます。

でも、すぐに言葉にはできなくても、案外いろんなことを考えて「配慮する」をしているものです。

特に、ベテランの先生は、保育指導案に書いてなくても、当然のようにこれらをしていることがあります。

保育指導案を書くときに、言葉に表そうと思うと大変です。

書き表すことはできなくてもいいので、できるだけ具体的な場面を思い浮かべてみましょう。

特に、週案や日案では、実際にうごけるよう、具体的なことを考えておきましょう。

関連記事はコチラ

「保育指導案の書き方をもっと詳しく教えてよ」という人は、「保育塾ベーシック」についての詳しい内容を読んでみてください。

また、この記事を読んで、「分かりやすく研修やワークショップをしてほしいな」と思った人は、問い合わせから「研修希望」の連絡をくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。「もっといろいろと知りたい」という方は、ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。