伝わりやすい保育指導案の書き方【ねらいに使うとアウトな言葉とは?】




ねらいと内容がそっくりになってしまう。

手本を見ながら書いているのに、いつも直される。

新任の先生をいくら指導しても、毎回同じような表現の間違いがある。

こんな風に思ったことはありませんか?

文法的な決まりをいくつか知るだけで、解決するかもしれませんよ。

文法に気を付けて、伝わりやすい保育指導案にしよう

それでは問題です。

ねらいA~Dの中で、文法的に正しいものはどれでしょう。

ねらいA ○保育者や友達と一緒に、楽しんで身体を動かす

ねらいB ○保育者や友達と一緒に、楽しんで身体を動かせるようにする

ねらいC ○様々な生き物や植物に触れることを通して、身近な自然に親しむ

ねらいD ○身の回りのことを自分でしたり、興味・関心をもったことを広げる

ねらいAと、ねらいBの違いは、すぐに気付く人が多いでしょう。

しかし、ねらいCと、ねらいDは、おかしい部分が説明できない人もいると思います。

でも、実際には、文法的におかしな部分があります。

自分で書いた文は、文法の間違いが少しくらいあっても気になりません。

自分で考えた文なので、意味が分かりますから。

でも、他の人が書いた文に、文法的な間違いがあると、理解しにくいものです。

文法に気を付けて、他の人にも分かりやすい保育指導案にしましょう。

文末の表現に気をつける

ねらいAと、ねらいBは、「子ども目線か」「保育者目線か」が違いますね。

文法に間違いがあるということではありません。

ねらいAは、「子どもがどうするか」

ねらいBは、「保育者が、子どもにどうなってほしいか」

という目線で書いてあります。

保育指導案を書くときには、

幼稚園教育要領や、保育所保育指針に準じて書きましょう。

同じような書き方にするということです。

基本は子ども目線

養護に関わるねらい及び内容は保育者目線

ということになります。

何を書いて良いか思い浮かばず、市販の本を参考にすることがありますよね。

幼稚園教員が、養護の部分を写してしまうと、おかしなことになります。

市販の本に書いてある例文を写してしまう人は【例文を写すことがある人へ】保育指導案レベルアップへの4ステップも見てください。

また、小中学校の指導案に慣れている人は、教師目線で書く人もいるでしょう。

一貫教育に取り組んだ結果、小中学校の書き方に合わせてある指導案を見たこともあります。

子ども目線の文末でも、「~できる」と書いてある指導案もあります。

これも、小学校の書き方ですね。

保育所であれば、個人が少し気をつければ、すぐに分かることです。

問題なのは、幼稚園のほうです。

副専攻で幼稚園の免許を取った先生は、小中学校の書き方が癖になっていることがあります。

小中学校の実習を一生懸命して、書き方が身に付いているんですね。

一方で、副専攻の幼稚園実習は、期間があまりにも短いです。

指導する先生は、幼稚園教育要領を見せながら、書き方をしっかり教えてあげてくださいね。

一旦まとめると、

○ねらいや内容を書くときには、文末に気を付ける
・基本は子ども目線で書く
・養護に関わるねらい及び内容は保育者目線で書く
・文末は動詞で書く

ということになります。

文をつなぐ言葉に気を付ける

ねらいに使えない言葉

ねらいの文を書くときに使うと、文法的におかしくなる言葉があります。

それは

「~を通して」「~することで」

などの、方法や手段を表す言葉です。

「ねらい」とは、一言で表すと、「目標」とも言えます。

「内容」は、目標に向かってすることであり、一言で表すと「方法」です。

この表し方に納得できない人は、伝わりやすい保育指導案の書き方【ねらいと内容の違いを自信をもって説明する】を読んでください。

分かりやすくするために、ダイエットの話をします。

ねらい(目標)○夏までにやせる

これはOKです。

ねらい(目標)○ウォーキングをして夏までにやせる

これはちょっとおかしいです。

「ウォーキングをして夏までにやせる」の中の「ウォーキングをして」の部分は、やせるための方法です。

このねらいの文には、内容(方法)に書くべきことが入っています。

保育指導案に書く「ねらい」も、方法や手段が入ると、「内容」が含まれていることになります。

そこで、方法や手段を表す言葉を覚えておくと良いと思います。

「~を通して」「~することで」などが、方法や手段を表す言葉です。

ねらいの文には使わない方が良いでしょう。

ねらい ○様々な生き物や植物に触れることを通して、身近な自然に親しむ

ぱっと見た感じ良さそうですね。

しかし、ねらいの中に「触れることを通して」という、方法を表す言葉が入っています。

ねらいの文の中に内容が入っているということです。

じゃあどうすれば良いかというと、ちょっと言葉を変えるだけで良いのです。

ねらいに使える言葉

ねらいに使う言葉は「~する中で」「~ながら」

または、文をつなぐ言葉を使わないで表せばOKです。

ねらい ○様々な生き物や植物に触れる中で、身近な自然に親しむ

ねらい ○様々な生き物や植物に触れながら、身近な自然に親しむ

ねらい ○様々な生き物や植物に触れ、身近な自然に親しむ

身近な自然がどのようなものかということを表したいのであれば、

ねらい ○様々な生き物や植物などの、身近な自然に親しむ

このような表現になります。

誤用が多い言葉

ねらいD ○身の回りのことを自分でしたり、興味・関心をもったことを広げる

この文で違和感があるのは「~たり」の使い方です。

「~たり」は、同程度のことを並べるときに使います。

「歌ったり踊ったり」

「歩いたり走ったり」

という使い方をします。

「歌ったり踊る」

「歩いたり走ること」

など、「~たり」が1回だと、違和感がありますよね。

じゃあ、ねらいDに「~たり」を2つ使ってみます。

ねらいD ○身の回りのことを自分でしたり、興味・関心をもったことを広げたりする

これだと正しく見えますよね。

でも、「身の回りのことを自分でする」と「興味・関心をもったことを広げる」は、同程度ではありません。

「身の回りのことを自分でする」と同程度のことは、「新しい絵本をすぐに読もうとする」「園庭の端の方まで行ってみる」などが考えられます。

ねらいD ○身の回りのことを自分でしたりお手伝いをしようとしたりと、興味・関心の対象を広げる

これだと、詳しく言えますね。

反面、どうしても文が長くなってしまいます。

じゃあ「~たり」ではなくて「~など」を使ってみましょう。

ねらいD ○身の回りのことを自分でするなど、興味・関心の対象を広げる

「~たり」だと、もう片方の「~たり」がどこにあるか探してしまいます。

「~など」であれば、「~など」の前の部分と同程度のことを想像すれば良いことが分かります。

または、「興味・関心を広げる」の方を変えてしまいましょう。

ねらいD ○これまでの環境と大きく変わったことに興味を向ける。

「興味・関心を広げる」だと、どのクラス、どの学年にもあてはまります。

例えば、「以上児になった」というのであれば、「大きく変わった」というような言葉を入れてみましょう。

身の回りのことなど、具体的なことを言いたければ、内容で取り上げましょう。

このように、言い換える言葉がうまく思い浮かばない人は、こちらもご覧ください。

伝わりやすい保育指導案の書き方【ねらいと内容にぴったりの言葉が思い浮かばない人へ】

伝わりやすい保育指導案の書き方【ボキャブラリー(語彙)を増やして適切に表現する】

本当に難しいとは思いますが、さらにもう一つ、お伝えします。

「~たり」は、1回だけで使う場合もあります。

「大事な物は、無くしたりしないように、分かりやすい場所にしまっておく。」

「無くしたり」の続きに、「汚したり」「壊したり」など、「無くす」と同程度のことが想像できます。

このようなときは、「~たり」を1回だけしか使いません。

ねらいD ○身の回りのことを自分でしたり、興味・関心をもったことを広げる

この文で、「~たり」が1回で良いとすれば、次のような書き方にすると意味が分かります。

ねらいD ○身の回りのことを自分でしたりして、興味・関心をもったことを広げる

でも、保育指導案を読むとき、1つの文に対して、こんなにたくさん考えると疲れてしまいます。

深読みしてくれるのは、指導の先生くらいです。

「~たり」は、「走ったり歩いたり」のように、なるべく短い言葉に使いましょう。

お便りで、「今月のねらい」を載せている園もありますよね。

保育の専門的なことは、保護者さんには理解しづらいです。

でも、「~たり」の使い方が間違っていることには、気付く人もいるでしょう。

「~たり」を使うときには、2個セットで使いましょう。

1個だけでも文法的には正しく書けますが、正しい使い方をできる人は、あまりいないので、間違いだと思われるかもしれません。

2個セットで使うのが無難です。

まとめ

この記事では、次のことをお伝えしました。

○ねらいや内容を書くときには、文末に気を付ける

・基本は子ども目線で書く

・養護に関わるねらい及び内容は保育者目線で書く

・文末は動詞で書く

○ねらいや内容を書くときには、文をつなぐ言葉に気を付ける

・ねらいに使えない言葉(内容と混ざってしまうため)「~を通して」「~することで」

・ねらいに使う言葉「~中で」「~ながら」

・「~たり」は、通常2個セットで使う

・「~たり」の前の言葉は短めに

・「~たり」の代わりに「など」を使う

「保育指導案の書き方をもっと詳しく教えてよ」という人は、「保育塾ベーシック」についての詳しい内容を読んでみてください。

保育塾ベーシックの紹介

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「もっといろいろと知りたい」という方は、

ホームページや、このサイトの記事が一覧になったサイトマップをご覧ください。




ABOUTこの記事をかいた人

管理人のUCHI(うち)といいます。 公立幼稚園、幼保園、大学の附属で働いていた元幼稚園教諭。 現在、島根保育塾代表。仕事を効率化するだけなら簡単です。しかし、保育の質を落とさず(むしろ上げながら)効率化することは、現場を経験した人間でないと、なかなか上手くできません。「保育の質を上げる」「労働時間の短縮」これを両立させるための記事を書いていきます。あなたの園に合わせた方法を知りたい人は、お問い合わせくださいね。